土. 2月 24th, 2024

クレジットカード現金化は対応スピードの早さが大きなメリット

クレジットカード現金化は対応スピードの早さが大きなメリット
お得だということがわかっていてもなんとなくお得さがいまいちわからないことがあります。
クレジットカードを現金化することも、もしかすると少し理解することができないかもしれません。しかし思った以上にお金を受け取ることができたり、手続きが手軽だとお得ですし、そういったサービスは豊富です。

対応スピードの良さがクレジットカード現金化の良さにつながる

対応スピードの良さがクレジットカード現金化の良さにつながる
お金を手に入れる方法ですから大事なのはどれくらいの額を現金化することができるのかです。
クレジットカードを現金化することは還元率とこれを呼んでいます。
現金化の業者から商品をかって、もれなくつくキャッシュバックは代金の数パーセントとなっていますがこれが還元率なのです。
当たり前ですが高ければ高いほうが現金は豊富に受け取れます。

その傾向はもっと多くのお金をその一定の時期に余裕を持って申し込めば高めの還元率がついています。
その日のうちに1万円のお金の申し込みをするよりは、10日後に50万円の現金化をしたほうが業者にとってもありがたいのです。

しかし突然その日のうちにお金が必要になることもあります。
現金化業者によっては10分、30分で対応してくれるところもありますので便利です。

こうして即日のプランだからといっても還元率がそれほど落ちないところもあるのです。
スピードと、還元率は両立していたほうがいいので、そういった業者を探すといいかもしれません。

これらの利用するクレジットカードを現金化することは基本的には商品を購入することになります。
なのでクレジットカードそのもののポイントもつくのです。
この点もかなりお得といえるかもしれませんね。

対応スピード以外のメリットは何がある?

対応スピード以外のメリットは何がある?
クレジットカードの現金化は対応スピードが早い以外に、どんなメリットがあるのでしょうか。
いくらなんでもメリットがないことには、ここまで高い関心を集めることはなかったはずなので、そのメリットをしっかりと見ていきたいと思います。

現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手にすることです。
どうやってやるのかについては後の項で詳しくお伝えしようと思いますが、本来であれば買い物にしか使えないショッピング枠を使って現金を手にすることが出来るということには、色々なメリットが考えられます。

真っ先に考えられるのが、すでにキャッシングという形で借金が出来なくなった人の資金繰りです。
消費者金融のカードを何枚も持っていて、それまでは一方で借りたお金を一方で返済するといったやり繰りも出来ていたものが、さらにお金に窮するようになるとどのカードも与信枠いっぱいになってしまい、やり繰りもままならなくなります。
そんな人にとって、クレジットカードのショッピング枠を何とかして現金にできないかと考えるのは当然の成り行きで、それができるというのは非常に有り難いはずです。

このような状況ではなくても、2010年以降、貸金業法改正によって借金の限度額が厳しく制限されるようになると、それまでやり繰りできていた与信枠が小さくなるため、期せずしてやり繰りが難しくなることがあります。
そんな人にとっても、現金化はメリットが大きいはずです。

すでに資金繰りに困っている多重債務者とまではいかなくても、やり繰りに困っている人はいます。
例えば学生や主婦。

貸金業法改正によって、これらの人たちは借金が実質上できなくなりますが、クレジットカードなら作れるという人も多く、こうした人たちにとって現金化というのは、唯一の資金繰り手段となります。

今後借金ができなくなる人たちにとって、ショッピング枠を現金化できるということは、ある意味では死活問題に近いものかも知れません。

このページの執筆者

管理人

石崎育登です。クレジットカードの現金化に悩む人々に手軽で安全な方法を提供するため、Webサイトを運営しています。現金が必要な時には、ショッピング枠の現金化ができますが、違法な方法や高額な手数料を取る業者も存在します。私自身もその経験を踏まえ、安全で手軽な現金化方法を提供することを目指しています。

見逃しています